ふりはたタグの記事一覧

  • 蓼科温泉親湯 (茅野市)

    2020.08.02 / 食・遊・観・店 / 編集部さん
    DSC_2041

    旅行もままならないしこんな機会だから、と初めて蓼科に泊まってみました。 リピーターが多いという蓼科親湯温泉さん。 (ロゴマークは蓼科山がモチーフよね、きっと。) 2018年、全客室リニューアル。 シックな落ち着いた、瀟洒…

  • cafe & bar 梅蔵 (茅野市)

    2020.07.19 / 食・遊・観・店 / 編集部さん
    DSC_1889

    古い店舗や民家を改修したお店があちこちにできるなか、こちらはそういう意味でも先行しているお店。 20年近く前にオープン。 農家だった建物を改築しなんと立派なイタリアンレストランに。 そしてガーデンにも力を入れておられます…

  • やまゆり (富士見町)

    2020.07.03 / 食・遊・観・店 / 編集部さん
    DSC_1630

    県道17号線「高森」の信号機を富士見駅方面にたどります。 緩いカーブの内側につつましく添えられた駐車場への小さな案内看板を見落とさないように注意して、そう、速度は控えめにね。 案内看板に従って、未舗装の道を轍を頼りに追っ…

  • 高部公民館 (茅野市宮川高部)

    2020.06.24 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_1594

    諏訪大社前宮と本宮のちょうど中間くらいに茅野市高部地区の公民館があります。 県道を通る誰もが目にしながらも、たぶん、気に留めている方は多くはないのかなという気がしています。 1947(昭和22)年築。 戦後の混乱期の中、…

  • ドックの痕跡 (岡谷市)

    2020.06.17 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_1290

    4月のある日。 地元紙の記事に目が留まりました。 それは諏訪湖の出口のちかくの天竜川河畔の景色。 写真の中央部やや右寄り。 台形の大きな構造物。 記事を読むと、岡谷駅から線路を延長し、天竜川河畔に石炭を運び、船に載せかえ…

  • 旧立場川橋梁 (富士見町)

    2020.06.04 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_1162

    富士見駅⇔信濃境駅の間、八ヶ岳の方向に見える橋… 気づいている方もたくさんおられるでしょう。 あの橋はどこからきてどこへ行くんだろう。 どこに行けばあの橋を渡れるんだろう。 と、地図をめくれば…なんと。 かつての中央東線…

  • 山麓の狼を尋ねて 其の弐(原村)

    2020.05.31 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_1200

    原村にも「狼」の痕跡があると聞いて、ネットの海を探すとヒントがいくつかありました。 原村菖蒲沢地区に、3つの鳥居が並ぶ森があります。 「御鍬(おくわ)の森」と呼ばれる一角です。 きれいに草刈りがされています。 「菖」と書…

  • 山麓の狼を尋ねて 其の壱(富士見町)

    2020.05.30 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_1124

    ふとしたことで、手に入れた「富士見公民館報4月号」 特集がニホンオオカミでした。 町内の乙事地区でみつかったオオカミ捕獲のための落とし穴「狼落とし(いぬおとし)」が、昨年、町の指定文化材になったこともあり、企画されたよう…

  • 熊野神社(下諏訪町)

    2020.04.29 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_0900

    諏訪大社下社春宮あたりから砥川の西一帯は東山田という地区です。 古くは下社の神職「五官」の祝たちの屋敷があり、その流れを組むお宅が今も何軒も暮らしています。 砥川と福沢川が作った南向きの緩やかな扇状地は、今でこそ駅からも…

  • 阿弥陀堂のシダレザクラ (茅野市宮川)

    2020.04.11 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_0550

    諏訪大社上社前宮の門前は「小町屋(こまちや)」という地区が古くから発達していました。 周囲には「柏手社」ほか、今は小さな石祠ではありますが諏訪社の神事には欠かせない大事な社が点在します。 その、小町屋地区の人が公会所とし…