来々軒 (岡谷市)

2020.10.17 / 食・遊・観・店 / 編集部さん

「来々軒(らいらいけん)」と聞くと、多くの人はいわゆる「町中華」といわれている庶民の食堂的な中華料理店を思い浮かべると思います。

岡谷市中央通りのこのお店もかつてはそのような「町中華」だったそうですが、今は本格中華料理店として、市内はもとより県外にもたくさんのファンを持つお店になりました。

が、決して敷居は高くなく、殊にランチはとってもカジュアルに楽しめます。
実はワタクシ、ひさしぶりの再訪です。
たのしみ!

DSC_2516
開店前にはすでに何人かの列が、そして人が途切れずに、近所の会社のひと、スマホで調べてやってきた観光らしき人、予約のグループ…とやってきます。

ドキドキおひとりさまの私は、カウンター席へのご案内。
目の前にはどーんとせいろの山が。
DSC_2504
おおおお、すごい、中華だ。
ランチメニューは夜に比べて限定しているそうですが、あああ、どれもおいしそう。
DSC_2503

久しぶりなので、まず創業以来のメニューのラーメンを。
そして来々軒さん一押しメニューの焼売(1人前3個、480円税込み)も追加!

来々軒さんは昭和24年創業、地域で初めて中華そばを提供するお店だったようです。
焼売の皮やたれ、お店で出すものは原材料以外は店での手作りにこだわり、今は3代目。
地域にも大事にされて続いているお店なのだなあと感じます。
そして、今日ワタクシめがオーダーしたラーメンは、創業時から続く来々軒の看板メニューのひとつです。

DSC_2505
きました、ラーメン!!

澄んだスープ。
ふわりとほどけるよう香るのはスープのだしに使われている鯖の枯節でしょうかねえ。
とにかく繊細、集中して口に含みたい。
はー、いつまでも飲み続けたくなるようなスープ、じいいんと五臓六腑にじんわり染み渡る感じ。

(隣で同じくラーメンをオーダーしたお昼休みらしき青年、一口含んだとたんに「ぅふーう」と感嘆のタメイキですよ、こりゃすごい。)

で、ちょっと遅れてお待ちかねの焼売ですよ、し ゅ う ま い ♪
DSC_2507
せいろをあけると湯気と共にじゃじゃ-ん!
薄皮につつまれた大きな焼売、これだけでもごちそう。
DSC_2511
お箸でわるとじゅわわ~とおいしいおツユ。
これはひとくちでばくっといっちゃうか、小皿の上でおつゆまで味わうべし。

ランチでこの満足度、絶対大事にしたいお店です。
まずはランチから、ぜひ。

〒394-0027 長野県岡谷市中央町1-2-8
TEL:0266-24-3950
ランチ 11:30〜14:00
ディナー 17:30〜21:00(日・祝 〜19:30)
水曜定休
DSC_2502
なんとロゴマークもとってもおしゃれなんです。
(ふり)

この記事につけられたタグ

| |