新着の記事一覧

  • さくらさく(茅野市) 信州の馬肉文化と新鮮な高原野菜を堪能

    2020.07.13 / 食・遊・観・店 / 編集部さん
    IMG_2437

    茅野駅西口を降りてすぐ。 さくら模様の紋が目印の「さくらさく」さんに行ってまいりました。 信州の食文化の一つ、「馬肉」料理の専門店です。     店内は落ち着いた和の雰囲気。 平日のランチタイムでした…

  • やまゆり (富士見町)

    2020.07.03 / 食・遊・観・店 / 編集部さん
    DSC_1630

    県道17号線「高森」の信号機を富士見駅方面にたどります。 緩いカーブの内側につつましく添えられた駐車場への小さな案内看板を見落とさないように注意して、そう、速度は控えめにね。 案内看板に従って、未舗装の道を轍を頼りに追っ…

  • 蓼科湖畔でおしゃれ&快適なアウトドア体験を 『TINY GARDEN 蓼科』

    2020.06.30 / 食・遊・観・店 / 編集部さん
    IMG_2290

      梅雨。しっとりとした空気の中に緑が香る季節。 そうだ、キャンプしよう。(唐突)   ということで梅雨晴れのある日、家族で アパレル大手アーバンリサーチ運営の『TINY GARDEN 蓼科』に行って…

  • <長野県民限定・県内限定> 長野県の観光クーポンをつかって次のレジャーは地元で。

    2020.06.25 / 食・遊・観・店 / adminさん
    odekake_ca

      ※観光クーポンの販売は好評につき終了してしまったようです。 (2020.7/6)   新型コロナウイルスによる自粛生活も緩やかになってきた今日このごろ。 とはいえ、まだまだ遠出や旅行を控えようとい…

  • 高部公民館 (茅野市宮川高部)

    2020.06.24 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_1594

    諏訪大社前宮と本宮のちょうど中間くらいに茅野市高部地区の公民館があります。 県道を通る誰もが目にしながらも、たぶん、気に留めている方は多くはないのかなという気がしています。 1947(昭和22)年築。 戦後の混乱期の中、…

  • ドックの痕跡 (岡谷市)

    2020.06.17 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_1290

    4月のある日。 地元紙の記事に目が留まりました。 それは諏訪湖の出口のちかくの天竜川河畔の景色。 写真の中央部やや右寄り。 台形の大きな構造物。 記事を読むと、岡谷駅から線路を延長し、天竜川河畔に石炭を運び、船に載せかえ…

  • 旧立場川橋梁 (富士見町)

    2020.06.04 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_1162

    富士見駅⇔信濃境駅の間、八ヶ岳の方向に見える橋… 気づいている方もたくさんおられるでしょう。 あの橋はどこからきてどこへ行くんだろう。 どこに行けばあの橋を渡れるんだろう。 と、地図をめくれば…なんと。 かつての中央東線…

  • 山麓の狼を尋ねて 其の弐(原村)

    2020.05.31 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_1200

    原村にも「狼」の痕跡があると聞いて、ネットの海を探すとヒントがいくつかありました。 原村菖蒲沢地区に、3つの鳥居が並ぶ森があります。 「御鍬(おくわ)の森」と呼ばれる一角です。 きれいに草刈りがされています。 「菖」と書…

  • 山麓の狼を尋ねて 其の壱(富士見町)

    2020.05.30 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_1124

    ふとしたことで、手に入れた「富士見公民館報4月号」 特集がニホンオオカミでした。 町内の乙事地区でみつかったオオカミ捕獲のための落とし穴「狼落とし(いぬおとし)」が、昨年、町の指定文化材になったこともあり、企画されたよう…

  • 熊野神社(下諏訪町)

    2020.04.29 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_0900

    諏訪大社下社春宮あたりから砥川の西一帯は東山田という地区です。 古くは下社の神職「五官」の祝たちの屋敷があり、その流れを組むお宅が今も何軒も暮らしています。 砥川と福沢川が作った南向きの緩やかな扇状地は、今でこそ駅からも…

  • 阿弥陀堂のシダレザクラ (茅野市宮川)

    2020.04.11 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_0550

    諏訪大社上社前宮の門前は「小町屋(こまちや)」という地区が古くから発達していました。 周囲には「柏手社」ほか、今は小さな石祠ではありますが諏訪社の神事には欠かせない大事な社が点在します。 その、小町屋地区の人が公会所とし…

  • 「湯みち街道」 (茅野市奥蓼科)

    2020.03.15 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_0201

    こちら、すっかり有名になりました御射鹿池(みしゃかいけ)。 東山魁夷の作品「緑響く」のモチーフとされたことで、たくさんの人が訪れるようになりました。 そうは言っても、冬は人もまばらです。 サテ。 ここまでやってくるのに、…

  • 「SUWA小型ロケット」諏訪湖から打ち上げ成功 2020年3月1日

    2020.03.02 / 地域を知る / 編集部さん
    89

    2020年3月1日午前10時、大勢の観客が見守る中 岡谷側沖700mの諏訪湖台船上発射台から 全長205cmの小型ロケットが天高く一直線に登って行きました。   プロジェクトマネージャーの中山昇氏(信州大学工学…

  • 鋸と薙鎌 (茅野市)

    2020.02.29 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_0166

    鋸(のこぎり)職人のお話をうかがう機会に恵まれました。 職人さんは茅野市玉川山田地区で鋸を作っている両角さん。 作業の一部も見せていただくことができました。 鋸に刃をつける作業。 熟練した手の動きの素早さにびっくり。 両…

  • 鳥ぱん (諏訪市)

    2020.02.19 / 地域を知る / 編集部さん
    FB_IMG_1582112542212

    同名のコミックもあったりするのですが…は、さておき。 上諏訪は織田信長の時代から長らく、城下町として栄えていました。 武士が集まれば、武士を相手に商人が集まります。 商人が集まれば、そこには接待も生まれます。 人が集まれ…

  • 諏訪の酒蔵とアマチュアきき酒選手権大会

    2020.01.17 / 食・遊・観・店 / 編集部さん
    IMG_5245

    寒い季節だと、なんだか日本酒呑みたくなりませんか?     夏はビールで喉越しよく爽やかにいきたいですが、 冬は、暖かいおでんや、塩辛などと一緒に 日本酒をチビチビいただけば、体はホカホカ。。。 冬の…

  • 「ぽい?ぽくない?道祖神~上諏訪編~」(諏訪市、ほか)

    2020.01.12 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_8029

    一月の半ば、全国津々浦々で「どんど焼き」「三九郎」「道祖神祭り」などの名前で、小正月の行事が行われています。 (茅野市玉川神の原) 村の入り口や辻などに置かれた道祖神に仮の小屋をかけてお供えをしたりします。 (茅野市玉川…

  • 上社神宮寺跡 (諏訪市)

    2019.12.29 / 地域を知る / 編集部さん
    DSC_9680

    この年末年始、お参りに行かれる方も多いかと思います。 諏訪大社上社本宮。 全国に12000社以上あるといわれる諏訪神社の総本社で、地元だけでなく全国に熱心な崇敬者を多く持ちます。 ほんの150年ほど前まで、この本宮と一体…

  • 2019 冬 諏訪エリアのイルミネーション(諏訪湖、原村、蓼科)

    2019.12.24 / 食・遊・観・店 / 編集部さん
    IMG_1033

    冬になると街中を彩るイルミネーションに心躍りますね。 冬の寒空だからこそ、お散歩がてらイルミネーションを観にでかけてみるのはいかがでしょうか。    諏訪湖畔「諏訪を彩る光の祭典」 夏は花火で夜空を彩…

  • 「リビセンのプロダクト展」 (諏訪市)

    2019.12.06 / イベント / 編集部さん
    DSC_9537

    オープンして3年を迎えた諏訪市のリビセン(ReBuilding Center Japan)では、彼らが“レスキュー”した古材やガラス、古道具などを利用して制作した作品の展示会を開催中です。 古い食器を加工し、ソケットを取…